[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


県立武道館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2019年 5月24日(金)06時11分17秒
  2019.5.23(木)

稽古相手は、米谷先生、後藤先生(8段)。

稽古時間の遅れたため、2名の先生にお願いした。
7段と8段の力の違いを痛感。
打つべき機会、打突の正確さ、これって何か?
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2019年 5月22日(水)22時00分33秒
  2019.5.22(水)

稽古相手は、松嶋先生、髙橋先生、籾山先生、畑山先生、我彦先生。

打ち気を捨てられると対応が難しくなる。
欲望がなくなった時の強さは異質なものである。
若さは欲望のかたまり。
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2019年 5月22日(水)21時55分49秒
  2019.5.20(月)

稽古相手は、我彦先生、川村先生、籾山先生、髙橋先生、後藤先生。

若手相手に、剣先活用で対応しようとしたら、間合活用にやられてしまった。
足を使い、間合いをうまくとられると対応が難しい。
 

神武館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2019年 5月22日(水)21時50分52秒
  2019.5.18(土)

稽古相手は、湯瀬先生、和田先生、東海林先生、浅野先生。

力を抜いて素直に打突する。
自分の力を素直に表現することに違和感はない。
実力以上のことを求めると力みが出る。
 

県立武道館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2019年 5月17日(金)06時01分42秒
  2019.5.16(木)

稽古相手は、目黒先生(範士)、田口先生(8段)、中高生達。

自分で打つべき機会を作れない。打たされている。
攻めの圧力をどう返していくか?
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2019年 5月16日(木)06時14分15秒
  2019.5.15(水)

稽古相手は、田口先生、我彦先生、高橋先生、籾山先生、加賀谷先生。

暑くなってきたせいか踏ん張りがきかない。
「顔」で勝負してくると全て起こりが読める。
「肚」で勝負しよう。
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2019年 5月14日(火)06時13分43秒
  2019.5.13(月)

稽古相手は、田口先生、鷹嶋先生、髙橋先生、畑山先生、籾山先生。

若手先生に構え・剣先活用についてアドバイス。
スピード打ちから中心の取り方で勝つことを意識させる。
年代別に気づくことはある。
 

神武館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2019年 5月12日(日)21時35分34秒
編集済
  2019.5.11(土)

稽古相手は、宮野先生、田口先生(8段)、渡邊先生、猿田先生、岩井先生。

高齢になっても落ちない「気」を出す先生、不思議なことです。
どういう意識を持って生活しているのでしょうか。
長い修行ですから「志を」もっているのでしょうね。
 

県立武道館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2019年 5月 9日(木)22時06分54秒
  2019.5.9(木)

稽古相手は、小松先生(8段)、小松先生、高橋先生(8段)、小中学生達。

しっかり構え、面を狙うが乗り換えされる。
8段先生は力の出し方、中心の取り方、機会等全てが違う。
要研究!
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2019年 5月 9日(木)06時46分43秒
編集済
  2019.5.8(水)

稽古相手は、菅原先生、松嶋先生、加賀谷先生、高橋先生、田口先生、我彦先生。

受験予定者と剣道形の稽古。
いつもやっていないと細部を忘れてしまいます。
高齢になると力まないじゃなく、力がはいらなくなるのです。
新しい発見でした。

 

/154