teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


娘が亡くなり

 投稿者:niina  投稿日:2014年11月22日(土)16時19分48秒
返信・引用
  はじめまして
8年前父子家庭で育てていた小学校入学直後の娘が卵黄嚢腫瘍を発病。
一旦は完治したと思われたのですが、今年の6月に再発。
娘もいつからか無理をしていたのか、自覚していたらしく、既に肝臓、右肺、お腹のあちこちに転移しており、 末期でした。
8年前も、10年前に癌で亡くなった妻もでしたが、アレルギー体質で、有効な抗がん剤があまり使えず、大変でした。
8月に腰骨、先月の16日に左の肺にまで転移が発覚しており、8月の時点本人の希望で科学療法を中止して、CART治療等で、在宅でケアを続けていましたが、 今月の10日に私や恋人等に看取られ、亡くなりました。
漸く落ち着いて来た次第です。
幸い私がそれなりの経営者で、妻もでしたが在宅でケア出来て、最期も家で亡くなりました。
何かの糧になれば、と投稿します。
 
 

管理者宛てメールをくださった方へ

 投稿者:tomoyuri  投稿日:2014年10月25日(土)09時09分13秒
返信・引用
  返信が届くかわかりませんでしたので、ひとまずこちらに書き込みます。
メールを拝読しました。
なんと言葉をかけたら良いかわかりませんが、
辛いお気持ちは痛いほどわかります。
治療が奏功しお子さんが病気に打ち克つことを願うばかりです。
またいつでもこちらへ投稿してください。今回のようにメールでも結構です。
 

Ryoさんへ

 投稿者:tomoyuri  投稿日:2014年10月 4日(土)23時13分11秒
返信・引用
  書き込みありがとうございます。

手術と抗癌剤治療が奏功したのですね。
我が事のように嬉しく思います。
またこれからお子さんがお生まれになるとのこと。
本当に良かったですね。
闘病中は辛い思いをなさったと思いますが、
お子さんの誕生ですべて報われますね。

有里佳に思いを寄せてくださりありがとうございます。
心の中の有里佳はあのときのままで、
短い人生でしたが、生まれてきてくれたことに感謝しています。

病気を乗り越えたRyoさんご一家が末永く幸せでありますように。
 

5年ぶりです

 投稿者:Ryo  投稿日:2014年10月 4日(土)22時45分15秒
返信・引用
  2009年12月21日に一度投稿しておりますRyoです。
あれから4クールの抗癌剤治療が終わり、それからなんとか再発もなくそろそろ5年を迎えようとしております。
今でも3ヶ月に一度は採血でAFPの検査とCTでの検査をしております。
そんな自分も33歳になり、今、妻のお腹には女の子がいます。

ゆりかちゃんの闘病は今見てもやはり泣いてしまいます・・・
なぜにこんな笑顔の可愛い女の子が亡くなってしまうのだろうと。。。
 

ありきえじさんへ

 投稿者:tomoyuri  投稿日:2013年 5月30日(木)20時39分33秒
返信・引用
  こんにちは
数値が下がって良かったですね!
このまま安定してくれることを願っています。
 

下がってました。

 投稿者:ありきえじ  投稿日:2013年 5月30日(木)12時00分53秒
返信・引用
  こんにちは!
先程血液検査の結果が出ました。
AFPの数値が下がってました。
この1週間、生きてる心地がしていなかったので嬉しいです。ご報告と思い書き込みました。これからまだまだ予断はできませんが、一安心しました。
 

ありきえじさんへ

 投稿者:tomoyuri  投稿日:2013年 5月24日(金)22時07分26秒
返信・引用
  大変ご心配のことと思います。
AFPが上昇の傾向にあるのか、一時的なものなのかは
次回の血液検査の結果を見てみないとわかりませんね。
私達も全く同じ経験をしましたので、ありきえじさんの不安なお気持ちは痛いほどよく分かります。
再発でないことを祈るばかりです。
また書き込んでください。
 

またもやAFPが上昇

 投稿者:ありきえじ  投稿日:2013年 5月24日(金)15時27分5秒
返信・引用
  お久しぶりです。
以前よりご相談させていただきありがとうございます。
先日4クールに渡る化学療法が終わり、退院をし1週間後の外来がありました。
血液検査をし先生の診断を待っていました。
最後の化学療法前のAFPの値が?8で落ち着いていたので安心していたのに、それから10日後に26.8に上昇していました。もう頭の中が真っ白になりました。来週再度血液検査をし上昇していればまた再発かと思うと怖くて怖くてしたかありません。
 

仙尾部奇形腫

 投稿者:とよこ  投稿日:2013年 4月22日(月)18時45分46秒
返信・引用
  嫁が妊娠8ヶ月の時に、胎児が「仙尾部奇形腫」であると診断されました。
腫瘍は直径3㎝大で、NRI検査結果では水溶性の腫瘍で普通分娩可能とのことでした。
但し、今後胎児の肥大化によっては帝王切開もあるとのことでした。
35,000~40,000に一人の難病のようで、この病院でも初めての症例のようで、出産後は新生児科に入院しひと月くらいで腫瘍を切除とのことでした。

実はこの病気に関して、ネットのブログ(「仙尾部奇形腫・家族の思い」)等にアクセスされたお母さん達の状況を調べましたが、妊娠後期から腫瘍が大きくなり帝王切開で出産し、お子さんも早い時期に腫瘍切除の手術をうけていらっしゃる方が少なくないようです。
そして、ほとんどの方がお子さんの直腸膀胱障害(排尿、排便に支障)と再発の心配をしています。

実は、本当に不思議なことですが、臨月に入った嫁の胎児の腫瘍はこのひと月というもの大きくならないでいます。
それは以前から時々受けていた民間療法の治療のおかげなのではと期待しています。
これからもその治療を受けながら来週の病院での定期検診の結果が良いことを祈っている状況です。

又、その結果をお知らせしたいと思います。

追伸-その民間治療が現在心を痛めていらっしゃる親御さん達への朗報となればと思いますが、
   今未だ何とも言えない状況なので、その治療に関しての詳しい情報は控えさせて頂きます。

http://blog.goo.ne.jp/endno/e/be83d5762be53a66954cf9e22097f291#comment-list

 

(無題)

 投稿者:しずか  投稿日:2013年 3月 6日(水)09時21分50秒
返信・引用
  お返事ありがとうございました
昨日は食事も通らず寝れず
病院からずっと泣いてしまいました

完母なんですが、おっぱいも出にくくなってしまい‥

今日から検査入院で説明は今日聞けるかわからないのでモヤモヤです。

どうか再発じゃ無いように祈るだけしか出来ないし‥

仙尾部奇形腫って再発するとどうなるのでしょうか‥
又、結果出たらお知らせします?
 

レンタル掲示板
/9