teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ★★超人気質屋www.lvok.net★★(0)
  2. ブランドコピー品(0)
  3. N-JPBRAND.COMブランドコピー専門店(0)
  4. 誠実 信用 激安ブランド直営Brandstorejp 会社(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:12/96 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

山階鳥類研究所 お知らせ

 投稿者:広報担当 三嶋  投稿日:2016年 2月10日(水)06時06分9秒
  通報 編集済
  山階鳥類研究所広報担当の平岡からのお知らせ
1)シンポジウム「「生きものの記録」福島の再生と未来に向けて」
東日本大震災・福島原発事故から5年 長期低レベル放射線の影響を考える
【日時】2016年2月11日(木・祝)13:00~17:00(開場12:00)
【会場】東京大学農学部 弥生講堂(文京区弥生1-1-1)
【入場料】無料(当日参加可)
【岩見恭子研究員講演】
【主催】特定非営利活動法人 動物愛護社会化推進協会
【共催】一般社団法人 原発事故被災動物と環境研究会
【後援】公益財団法人 山階鳥類研究所
【申込・問合せ】動物愛護社会化推進協会ウェブサイト
https://www.happ.or.jp/160211_symposium.pdf

2)我孫子市鳥の博物館テーマトーク
「鳥に乗ってちゃっかり移動?―マダニの大旅行―」
ハシボソミズナギドリは南半球で繁殖し、春から初夏には日本沿岸を通過してゆく海鳥です。この鳥は、繁殖期以外は陸地に降りることなく海上で暮らしているのですが、ある日、日本の海辺に打ちあげられたこの鳥の体に、生きた小さな「マダニ」がついていました。繁殖地を旅立ってから、ずっと海上にいたはずの鳥の体に、なぜ生きたマダニがついていたのか。飛ぶことのできないダニが鳥を乗り物として利用したのでしょうか。「外部寄生虫」を研究している鶴見専門員と一緒に考えてみませんか。
http://yamashina.or.jp/blog/2016/02/thema_talk1602/
第54回「鳥に乗ってちゃっかり移動?ーマダニの大旅行ー」
【日程】2016年2月13日(土)
【講師】鶴見みや古(山階鳥研自然誌研究室長・専門員)
【時間】13時30分~ ※30分のテーマトーク終了後、質疑応答の時間あり
【場所】我孫子市鳥の博物館 2階多目的ホール
→ 交通案内 http://www.city.abiko.chiba.jp/bird-mus/info/traf.html
【参加費】無料(入館料が必要です)
【定員】先着50名
【主催・問い合わせ先】
山階鳥類研究所(TEL. 04-7182-1101)、我孫子市鳥の博物館(TEL. 04-7185-2212 http://www.city.abiko.chiba.jp/bird-mus/index.html
 
 
》記事一覧表示

新着順:12/96 《前のページ | 次のページ》
/96