[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


神武館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2018年 5月20日(日)06時31分7秒
  2018.5.19(土)

稽古相手は、高沢先生、和田先生、宮野先生、佐藤先生、岩井先生。

攻防のバランスの悪い稽古が続いていたが光明が見えてきた。
「たった一言」のアドバイス。感謝!
これでまた目標を持って稽古ができる。
若手には剣道の原理・原則に沿ったことを伝えること。
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2018年 5月20日(日)06時21分16秒
  2018.5.16(水)

稽古相手は、畠山先生、髙橋先生、川村先生、我彦先生。

気の乗り方がうまくできない。
よって乗り勝って打つ感じになられない。
若手のスピードについて行けない。
リズムが悪い。
 

神武館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2018年 5月20日(日)06時15分15秒
  2018.5.12(土)

稽古相手は、高橋先生、斉藤先生、渡辺先生、猿田先生。

打つべき機会、右手の力の入り方に違和感がある。
原因は何か?
全体のバランス調整、基本に帰ること。
 

県立武道館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2018年 5月10日(木)23時04分39秒
  2018.5.10(木)

稽古相手は、中学生達、森内先生。

今日は8段先生が参加していない。
子供との稽古が主になった。
最後の5分を若手先生に掛かる稽古。
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2018年 5月10日(木)23時00分55秒
  2018.5.9(水)

稽古相手は、加賀谷先生、佐々木先生、籾山先生、我彦先生。

呼吸・間合いに意識を集中。
打つべき機会・危険察知能力を鋭敏な感覚で捉えること。
その上で相手との関係性を意識して自分を表現する。
 

修武館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2018年 5月 7日(月)06時20分10秒
  2018.5.6(日)

稽古相手は、上野先生、斉藤先生、岩井先生、東海林先生、佐藤先生、新山先生、
滝田先生、岸野先生。

高齢者の稽古会だが若手も参加しているので、年齢幅は広く剣道も多彩である。
高齢になっても衰えない稽古を目指そう!
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2018年 5月 7日(月)06時14分59秒
  2018.5.4(金)

稽古相手は、高橋先生、三浦先生、高橋先生、籾山先生。

久しぶりの稽古復帰の先生と基本技を繰り返す。
その場打ちから飛び込み技へ進む。
地稽古は短く行う。
稽古は習慣化するしかない。
 

神武館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2018年 5月 2日(水)06時06分20秒
  2018.4.28(土)

稽古相手は、岸野先生、和田先生、田口先生(8段)、植田先生、猿田先生。

先生方に必死で掛かる稽古。
とにかく集中と言い聞かせる。
試合があると稽古の集中度がアップする。
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2018年 5月 2日(水)06時00分41秒
  2018.4.25(水)

稽古相手は、松嶋先生、高橋先生、川村先生。

試合を意識した稽古。
短時間で打たれない、1本になる打ち。
試合にでることを意識すると稽古内容も変わってくる。
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2018年 4月18日(水)23時27分10秒
  2018.4.18(水)

稽古相手は、松嶋先生、髙橋先生、佐々木先生、高橋先生、我彦先生。

左中心、自分を見失わないこと。
攻めながら、慌てない、あせらない、さあどうする?
主導権を握る様な稽古を求めること。
 

/142