[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 9月22日(金)09時55分23秒
  2017.9.20(水)

稽古相手は、松嶋先生、髙橋先生、籾山先生、菅原先生。

久しぶり息があがる。
思い切り、勢い、とは別の攻めがあるはずが、質感のある攻めが
相手に伝わっているのか。
逆に体の重さは、先生の攻めによるものか。
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 9月22日(金)09時47分55秒
  2017.9.18(月)

稽古相手は、中学生達、髙橋先生、籾山先生、我彦先生。

まっすぐ、素直に行くこと。
癖でまっすぐのつもりでも、右に逃げている。
 

県立武道館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 9月22日(金)09時43分46秒
  2017.9.14(木)

稽古相手は、中学生達、後藤先生(8段)目黒先生(範士)。

先生との稽古時間は短いが、内容は濃い。
同じ技を遣って、見切られる。考えた攻め方、技を遣うこと。
8段先生の間合い、攻めの質、圧力、技等全てに圧倒される。
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 9月12日(火)21時35分16秒
  2017.9.11(月)

稽古相手は、田口先生、松嶋先生、髙橋先生、我彦先生、中田先生。

自分の剣道はどうあるべきか。
基本的なことはあるが、自分の表現したいこと、使いたい技、剣風など
求めることはある。
構え、攻め、打ち、残心をシンプルに出来れば、美しく。
 

神武館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 9月 9日(土)22時14分35秒
  2017.9.9(土)

稽古相手は、宮野先生、田口先生(8段)、岸野先生、青山先生、岩井先生。

読み合いをしっかりやること。
相手が何をしようとしているのかを知らないことには、
勝負にならない。
予知の力が働くようになれば、地力は大幅アップ!
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 9月 6日(水)22時56分12秒
  2017.9.6(水)

稽古相手は、玉木先生、髙橋先生、岸野先生、我彦先生、籾山先生。

相手の予知能力が上回っているときは、仕方ない。
稽古を乱すべきではない。
なりふり構わずは、稽古では必要なし。
王道を歩むべし。
 

神武館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 9月 6日(水)22時48分38秒
  2017.9.2(土)

稽古相手は、山崎先生、生田君、斎藤先生、和田先生、岸野先生、高沢先生、杉山先生。

呼吸を整え、柔らかく。
目標とする所を意識的に変える。
打つ、打ちたいから打つべき機会の精度を確かめる感じ。
強い相手には全く通用しないし、ピントがすれているかもしれないが、相手の打ち所と自分の
打ち所の違いをしっかり受け止める。
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 8月31日(木)13時22分49秒
  2017.8.30(水)

稽古相手は、田口先生、松嶋先生、菅原先生、髙橋先生。

打つべき機会を確かめる稽古。
構えをしっかり崩さず、打つべき機会、兆しの感覚を磨く。
相手をかみ合わないと難しいが、かみ合わないことも稽古。
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 8月31日(木)13時15分55秒
  2017.8.28(月)

稽古相手は、渡邉先生、田口先生、菅原先生、三村先生、我彦先生。

昇段するとガマン出来る稽古になることが面白い。
合格した気持ちだけ地力がアップする。
ただし、今後の精進で本物の地力・実力になっていく。
昇段合格が最終目標ではないのだから。
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 8月25日(金)23時08分35秒
編集済
  2017.8.25(金)

稽古相手は、田口先生、松嶋先生、川村先生、我彦先生、佐々木先生、髙橋先生。

竹刀のセンサーを大事にする。
直感力、これが無いと独り善がりの剣道になる。
読み、予感、予知、この感覚は教えようのない世界。

 

/134