[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 6月23日(金)22時58分4秒
  2017.6.23(金)

稽古相手は、松嶋先生、田口先生、高橋先生、籾山先生、我彦先生。

体が重かったので、竹刀が動くまでガマン。
自分の意思だけでは、竹刀が動いてくれない。
竹刀が勝手に動いてくれれば、最高の稽古ができる。
 

県立武道館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 6月23日(金)18時48分52秒
  2017.6.22(木)

稽古相手は、中高校生達、湯沢先生(8段)、前田先生。

攻められて、崩されて仕留められる。
このプロセスを客観的に受け止める。
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 6月23日(金)18時45分19秒
  2017.6.16(金)

稽古相手は、保坂先生、松嶋先生、松嶋先生、渡邉先生、高橋先生。

気剣体の一致になるような稽古ができなかった。
竹刀が重く感じバランスが悪くなった。
このな時は、稽古できただけで良し。
 

修武館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 6月11日(日)20時46分59秒
  2017.6.11(日)

稽古相手は、松村先生、岸野先生、藤本先生、斎藤先生、斎藤先生、田原先生、湯瀬先生。

良い処を打たれた。
この反省があすにつながればと考える。
構えを崩さず、攻められて、打たれれば納得。

 

神武館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 6月11日(日)20時42分19秒
  2017.6.10(土)

稽古相手は、上野先生、高山君、田村さん、宮野先生、岩井先生、和田先生、諸井先生、佐藤先生。

良い稽古とは、・・・大学生相手に考える。
攻めを重視したら雑な入り方になり、起こりを狙われる。
構えを重視したら積極性にかける。
いろいろ考えた。

 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 6月 5日(月)22時29分3秒
編集済
  2017.6.5(月)

稽古相手は、菅原先生、田口先生、川村先生、高橋先生、後藤先生。

上段相手に、面技が見えなかった。
精神的優位に立たないと相手の技が見えない。
突きで崩していくのが鉄則!
 

修武館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 6月 5日(月)22時23分42秒
  2017.6.4(日)

稽古相手は、斎藤先生、杉山先生、鈴木先生、佐藤先生、東海林先生、菊池先生。

自分が進む方向を考える稽古。
打つだけでにない、何のために稽古するのか。
高齢者から学ぶ稽古。

 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 6月 2日(金)22時45分27秒
  2017.6.2(金)

稽古相手は、佐々木先生、籾山先生、保坂先生、菅原先生、渡邉先生、高橋先生。

稽古は楽しく、捨て身で行きたい。
右に流れる癖をなんとか修正したい。
正しい稽古を追い求めよう!
 

県立武道館での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 6月 2日(金)17時05分49秒
  2017.6.1(木)

稽古相手は、中高生達、高橋先生(8段)、米谷先生、田口先生(8段)。

右腕の脱力の指導を受ける。
まっすぐどう打てばよいか、考える。
構えから攻め、打突への移行が難しい。
 

剣正塾での稽古

 投稿者:夏井メール  投稿日:2017年 6月 2日(金)17時02分2秒
  2017.5.29(月)

稽古相手は、松嶋先生、高橋先生、菅原先生、籾山先生。

構えからしっかり打つことを意識する。
剣道の質が良くなるように。
 

/131