teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


2017秋の講演会集合写真

 投稿者:Shuji  投稿日:2017年11月 5日(日)22時27分55秒
  午後からあいにくの小雨模様だったため、室内での写真となりました。  
 

奄美の杜(6)

 投稿者:ブルックリン  投稿日:2017年10月19日(木)11時25分53秒
  青空高い秋のはずなのに、梅雨のような天候ですね。
今、日野原重明著の『人生を輝かせる10のお話』を
読んでいます。
その中で、田中一村の「奄美の杜(6)ークワズイモとソテツ」を紹介。
作品も2ページにわたって紹介されています。
そして、「対象と一体化して描く、作家の無上の喜びが作品から
溢れんばかりに伝わってきます。」とコメントが記され激賞
されています。
奄美の記念館で素晴らしい感動を受け、深く感激したとも書かれています。
 

講演会チラシ

 投稿者:マ。ドンナ  投稿日:2017年10月 2日(月)23時11分31秒
  チラシには講演会開催日が10月28日(日)の誤りです。
お詫びして訂正いたします。
 

秋の講演会お知らせ

 投稿者:マ。ドンナ  投稿日:2017年10月 2日(月)16時51分42秒
  一村のアトリにメールからお申し込みいただけます。  

一村のアトリエ秋の講演会

 投稿者:マ。ドンナ  投稿日:2017年10月 2日(月)15時26分22秒
  一村のアトリエ秋の講演会10月28日(土)に開催いたします。

講師の日本画家、大矢紀先生は美術評論家で一村研究の第一人者、大矢鞆音氏のお兄様です。
日本美術院展に19歳で初入選。院展文部科学大臣賞、内閣総理大臣賞など数々の賞を受賞されました。
日本美術院評議員としてご活躍の大矢先生が師と仰ぐ二人の日本画家
前田青邨と平山郁夫について語ります。










 

アトリエツアー四国

 投稿者:Shuji  投稿日:2017年 6月29日(木)23時05分59秒
  楽しかった四国ツアー、梅雨で連日雨の予報の中、バスを降りてはほとんど降られなかった奇跡。さぞかし日頃の心がけの良い団体さんなのでしょう。
集合写真は、24日〔モネの庭/マルモッタン〕
と25日、〔足摺岬〕
 

千葉ゆかりの美術展

 投稿者:ブルックリン  投稿日:2017年 6月17日(土)18時28分52秒
  千葉市美術館でいま開催中の「椿貞雄展」を見に行ってきました。(没後60年
師・劉生、そして家族とともに)のタイトルが付いていました。
以前から興味があった作品であり、画家でした。予想していたよりも素晴らしく、
全部で194点も出展されていて見ごたえがありました。
そして、最後の部屋に行くと所蔵作品展があり、なんと田中一村の作品が6点も
ありました。期待していなかったのに一村さんの堂々とした作品がそれも初展示も
あり、しばし放心状態でしたが、深呼吸をしてからじっくり鑑賞しました。
何だか得をしたように晴れ晴れとした気分になって会場をあとにしました。
 

金子周次展

 投稿者:コスモス畑  投稿日:2017年 6月 5日(月)09時31分40秒
   昨年、夫に誘われて匝瑳市の松山庭園美術館の「金子周次展」に行った事を思い出しました。
そうですね。貧しさと孤独の中で亡くなった創作人生は、一村さんに通じる所がありますね。
海の香りがする見慣れた銚子の風景が沢山ありました。
 えっ、こんなとこに? 田園の丘の上に松山庭園美術館がありました。
此木三紅大(このき・みくお)という個人芸術家の住居・アトリエを公開している美術館でした。
埋もれていた「金子周次」を掘り起こして企画展にした様です。
きれいな庭園にユニークな石や鉄の彫刻が点在、コレクションも見終わった後、
奥様の美味しいお茶を頂きながら、ご本人ともお話ができました。
秋の紅葉が良さそうです。ちょっと不便ですが、おすすめのお庭と美術館です。
 

金子周次版画展

 投稿者:ブルックリン  投稿日:2017年 6月 3日(土)19時12分27秒
  今、千葉県立美術館で開催中の「金子周次版画展」観に行ってきました。
銚子で生まれ生涯(68歳)銚子で版画を制作続け、傑作を800点も残した。
版画特有の素晴らしい作品が展示されていましたが、孤高の人のように思えました。
帰宅して、PCで調べたところ「故郷の銚子で粗末な元豚舎をアトリエ兼自宅にして
制作に打ち込んだそうです。なんだか田中一村を彷彿させます。生涯独身だった所も。」
と書かれていました。お暇がありましたら是非ご覧ください。65歳以上は無料です。
 

一村作品

 投稿者:マ・ドンナ  投稿日:2017年 5月27日(土)23時50分48秒
  一村展も犬塚勉展も懐かしいですね。
横浜そごうで3月に何店かの一村作品に会うことが出来ましたが、
来年、どこかで一村展がありそうです。
楽しみに待ちましょう。


https://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/net-tv/weekly/weekly-170225-2.html

 

レンタル掲示板
/179